デザインの専門的な知識を学ぶ

当サイトでは、デザイン専門学校において出席日数が足りなくても卒業できるか、というポイントについて説明します。
デザイン専門学校は、他の学校と同様に単位制ですので、規定の単位数を取得していなければ卒業することが出来ません。単位取得に必要不可欠となるのが課題の提出や授業への出席です。
ですから、卒業するにあたっては、出席日数は重要ですので、日数が足りていなければ専門学校を卒業することは困難と言えるでしょう。

デザイン専門学校でも出席日数が足りないと卒業できない?

デザイン専門学校でも出席日数が足りないと卒業できない? デザイン専門学校は、その名のとおりデザインについて学ぶ専門学校です。
学校というだけに、卒業するにはデザイン専門学校が定める所定の卒業条件をクリアしなければ、卒業することはできません。
その卒業条件とは、単位の取得です。
卒業には、専門学校が定める規定単位数を取得しておく必要があります。その単位を取得するには、授業への参加が条件となります。
授業の中で、課題の提出や出席日数が重要視されます。課題の提出を怠っても単位を取得できませんし、出席日数が足りなくても原則として単位を取得することはできません。
ですから、日ごろから真面目に授業に出席し、与えられた課題をこなして単位を取得してくことが、デザイン専門学校卒業の条件となります。

デザイン専門学校は美術大学に比べて就職率は悪い?

デザイン専門学校は美術大学に比べて就職率は悪い? 巷でよく比較されるデザイン専門学校と美術大学の就職率ですが、美術大学の方が就職率が高いとされています。
社会一般ではそのように認識されていますが、実際のところは少し異なります。
デザイン専門学校を卒業しても、しっかりと就職をしている人が数多く存在します。それは、専門学校でしっかりとデザインスキルを勉強し、身につけているからです。
採用する企業側も専門学校を卒業した人たちには相応のスキルを期待しています。
ですから、就職試験において自分のデザインスキルをしっかりとアピールできるくらいまで専門学校で勉強を真面目にしていれば、企業から内定をもらえる確立も上昇します。
この採用基準において、企業側はデザイン専門学校を卒業した人と美術大学を卒業した人の差別化を行ってはいません。対等に見ています。
ですから、専門学校で真面目に勉強に取り組んでいなければ就職において企業から内定をもらえる確立は低くなりますし、しっかりと勉強してデザインスキルを習得していれば、それを企業側はちゃんと見てくれていますので、内定をもらうことが出来ます。
ですから、デザイン専門学校の就職率が悪いという噂は、あくまで真面目に勉強していない人を対象としているのであって、しっかりとスキルを身につけた人の就職率は高いのです。

デザイン専門学校に関する情報リンク

日本で最初のデザイン学校のサイト

デザイン専門学校