デザインの専門的な知識を学ぶ

デザイン専門学校は東京と地方で学べる知識に差はある?

デザイン専門学校は東京と地方で学べる知識に差はある? 実家から近い場所にある学校にしか通えないので、東京にあるデザイン専門学校に通う事ができなかったと悲しんでいる人もいます。
しかし地方にある学校であったとしても、学習内容に大きな差は付きにくくなっていますから、十分に才能を磨き上げる事ができると考えてください。
世界的に有名なデザイナーが、地方にある学校まで足を運んで特別な授業を行ってくれる事もあったりと、楽しい気持ちで授業を受ける事ができます。
デザイナーとして就職活動を始める際にも、地方のデザイン専門学校の卒業だからといって、不利な立場にあると感じる事もありません。
東京の有名企業やデザイン事務所と強い繋がりを持つ、地方のデザイン専門学校も多いですから、学校側の紹介で企業の見学に出かける事も難しくないです。
優秀なデザイナーとして評価されている方々も、地方の学校で才能を磨き上げた例も多いからこそ、何も不安を覚えずにデザイン専門学校の授業を受けてみてください。

イラスト専門学校とデザイン専門学校で学べる技術の違いとは?

イラスト専門学校とデザイン専門学校で学べる技術の違いとは? イラスト専門学校、デザイン専門学校ともに最新のコンピューターソフトなどを使って授業を行うことに違いはないのですが、前者では基本的なデッサンからキャラクターの作り方など、やはりイラストを描くことが上達するような技術を基礎からみっちり学ぶことになります。
対してデザイン専門学校ではイラストを描く技術というよりも、イラストを効果的に使って請求力を持てるような「トータルデザイン」などを学ぶことになり、自身が高いイラスト作成能力を身につけることに必ずしも重点を置きません。
ですのでレイアウト技術やカラー感覚、また平面デザイン以外にも空間的なデザイン構築能力を高めるような幅広い知識を学ぶことになります。
両専門学校の卒業生の進路先というのもかなり違いがあり、イラスト専門学校ではアニメーターやイラストレーターが主な就職先になるのに対して、デザイン専門学校では平面、立体問わず様々なデザイン事務所、また印刷などに携わる企業への就職が目立つのです。